本文へスキップ

異郷の記憶 Hiroshima Peace Film Festival 2013


上映作品PROGRAM


12月6日(金)オープニングプログラム・故郷から異郷へ

広島大学 東千田キャンパス1F 共用講義室 16:30開場/17:00開演


(1)17:00〜『いのちの詩』(監督:カーチャ・エッソン/2011年/53分/日本語字幕付き)


戦争やジェノサイドの記憶から詩をもって生き延びた、各国・各地域の6人の詩人たちの繊細かつ力強い記録。広島から/への「異郷の記憶」の旅を開くオープニング上映。

重本泰彦さん(『いのちの詩』出演者・詩人)、トークに来場!

Poetry of Resilience Excerpt from Penelope Pictures on Vimeo.


(2)18:15〜『ヒロシマ1966』(監督:白井更生/1966/東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵)


『ヒロシマ・モナムール』日本側助監督による、ベトナム時代の広島での問い。第三回HPFFで衝撃を与えた作品、再映。



(3)19:50〜『ナンバーテンブルース さらばサイゴン』(監督:長田紀生/2012年/97分/上映プロデュース プレザリオ)

ベトナム戦争さなかのベトナムでロケを敢行、日本・日本人を問う。製作時、日の目を見なかった未完の作品が昨年、完璧版として完成し、今、封印が解かれる。

長田監督、トークに来場!





●料金 *(1)無料、(2)(3)各1000円

12月7日(土) 森弘太監督特集

シネツイン新天地 10:45上映

『河 あの裏切りが重く』(1967年/102分)製作・脚本・監督:森弘太 配給:日本ATG 出演:佐藤慶、原泉ほか (広島市映像文化ライブラリー所蔵)

国の政策や核廃絶・被爆者救済運動に裏切られ、見捨てられゆく被爆者の現実にセミドキュメンタリーの手法で迫る。「原爆スラム」の姿をとらえた貴重な記録でもある。

●森弘太監督来場、上映後、トークあり。

まちづくり市民交流プラザ 北棟6F マルチメディアスタジオ 15:10開場/15時半上映

炭じん爆発などで多くの人命を奪った三井三池炭鉱の粘り強い取材で知られる森弘太監督は1938年生まれ。尾道市で育つ。大映京都を経て65年からフリー。第三回HPFFでの『河 あの裏切りが重く』再上映で注目を集めた。ヒロシマ、原発、自然環境にも広く確かな視点で迫ったその仕事に再び光を当てる。

15:30~『小川原湖 湖の四季』(1986年/59分/DVD上映)企画:建設省高瀬川総合開発工事事務所

北緯41度、亜寒帯と温帯の境界にある小川原湖(青森県)は、オオセッカなど希少な鳥や植物の宝庫。冷害と闘い、湖の恵みと生きる農漁民の営みとともに描く映像詩。

●上映後、森監督トークあり。


16:40~『下北核半島からの報告 核燃料サイクル』(1988年/58分/DVD上映)レポーター:鎌田慧 解説:高木仁三郎

監督が小川原湖の自然を追う最中の下北半島に、降って湧いた核燃料サイクル計画。まともな情報がない中、緊急に「集会用ビデオパンフ」として作った先見のレポート。

●上映後、森監督トークあり。


*森弘太監督来場
森弘太:1938年生まれ。尾道市で育つ。大映京都を経て65年からフリー。三井三池炭鉱の取材歴も長い。『河 あの裏切りが重く』(1967年/102分/配給:日本ATG/出演:佐藤慶、原泉ほか)再上映で注目を集めた。

*資料代 1000円

12月7日(土) ジェノサイドの後に映画を撮ることはいかにして可能か?

まちづくり市民交流プラザマルチメディアスタジオ18時開場/18時半開始

トーク・セッション:
ジェノサイドの後に映画を撮ることはいかにして可能か?
──ルワンダ虐殺20周年を前に、ルワンダからの映画を考える──


日時:2013年12月7日(土)18:30〜20:30
会場:広島市まちづくり市民交流プラザ6Fマルチメディアスタジオ
主催:ヒロシマ平和映画祭+広島市立大学社会連携プロジェクト「広島の映画文化の遺産の継承にもとづく映像文化の創造」

●入場無料

企画趣旨:
2014年、ルワンダは、100万人に及ぶ人々が殺害されたというあの痛ましいジェノサイドが起きてから20周年を迎えます。その間、日本でも公開された『ホテル・ルワンダ』(2004年)をはじめとして、この出来事を題材とする映画が作られてきましたし、ルワンダでも映画制作が盛んに行なわれています。では、この20年間、ルワンダ虐殺をめぐってどのような映画が作られてきたのでしょうか。そして、ルワンダの人々は映画を通して、虐殺の記憶に、その後の和解へ向けたプロセスに、どのように向き合おうとしているのでしょうか。

今回のトーク・セッションでは、オーストラリアとルワンダを往復しながら、ルワンダの人々に映画の理論と実践を伝えている、オーストラリア・マードック大学のミック・ブロデリック氏に、1994年のルワンダ虐殺を主題とした映画と、ここ数年のあいだにルワンダで作られた映画を、ルワンダからのショート・フィルムを中心とした映像を交えて紹介していただいた後、ルワンダのキガリ・ジェノサイド記念センター副所長のイヴ・カムロンジ氏に、ルワンダにおける映画制作の現状と意義についてお話をいただく予定です。

質疑応答の時間も設けます。言語を絶する凄惨な出来事の後に、映画を撮るとはどういうことなのか、異郷ルワンダからの映画はどのような問いを投げかけているのか、今も撮られ続けている「ヒロシマ」の映画とも照らし合わせながら考えるひと時を、多くの方々と共有できれば幸いです。

上映予定作品(◆一部変更される可能性もあります):
キヴ・ルホラホザ『灰色の物体』(抜粋)/Kivu Ruhorahoza: “Grey Matter (Matière Grise)”, 2011 (feature excerpt, 3:00 min)

GREY MATTER (Matiere Grise) from The Global Film Initiative on Vimeo.


テリー・ジョージ『ホテル・ルワンダ』(抜粋)/Terry George: “Hotel Rwanda”, 2004 (feature trailer, 1:30 min)


ギルバート・ヌダハヨ『死の罠を超えて』(抜粋)/Gilbert Ndahayo: “Beyond the Deadly Pit”, 2008/9 (feature documentary excerpt, 5:00 min)


キヴ・ルホラホザ『告白』(短編全編)/Kivu Ruhorahoza: “Confession“, 2009 (short 17:00 min)


イヴ・カムロンジ&ミック・ブロデリック『未来への希望』(短編ドキュメンタリー全編)/Yves Kamuronsi and Mick Broderick: “Hope for the Future”, 2011 (documentary short 7:00 min)


12月8日(日) 笹の墓標 全5章 一挙上映

広島朝鮮学園 4F 多目的ホール 9:30 開場 10:00開演

笹の墓標』2013年/全5章/9時間9分監督:影山あさ子・藤本幸久/企画・制作・著作:森の映画社   監督来場決定!!


<上映スケジュール> 入れ替え制
10:00 第1章 + 監督トーク/13:00 第2章/14:50 第3章/16:50 第4章/19:00 第5章

<鑑賞料金>
一般1回券1000円/通し券3000円、シニア通し券2000円、学生通し券1000円


<作品紹介>
戦時中、北海道に強制連行されダムや鉄道、飛行場の建設工事、炭坑で働かされた朝鮮の人びと。病気やけがで亡くなり建設現場付近に埋められた朝鮮人労働者の遺体を日本、韓国、在日韓国人の若者たちが発掘する。15年間の軌跡を追った9時間にわたるドキュメンタリー。

<企画趣旨>
北海道に強制連行され、故郷に帰ることもかなわず異郷の地に遺棄された朝鮮人労働者のひとびと。日本、韓国、在日韓国人とそれぞれ違う記憶をもつ若者たちが遺体を発掘する現場をカメラは丁寧に追ってく。そこに描かれるのは記憶の掘り起こしであり、それぞれの記憶が共鳴/反発する現場である。9時間という上映時間は記憶の響き合いを追体験する時間でもある。この映画は広島を異郷化する作用を持つ。広島県比婆郡の高暮ダムも、まさに強制連行された朝鮮人労働者の人びとによってつくられた歴史を持つ。笹の墓標が私たちに語りかける記憶、広島という異郷で亡くなったひとびとの記憶、広島という異郷でくらすひとびとが集う朝鮮学校で重層的な異郷の記憶を掘り起こす作業にぜひ参加していただきたい。

<詳細タイムテーブル>
10:00-11:54 第一章 朱鞠内 (114分) + 12:00-12:30 監督トーク
13:00-14:38 第二章 浅茅野 ( 98分)
14:50-16:39 第三章 遺族  (109分)
16:50-18:51 第四章 未来へ (121分)
19:00-20:47 第五章 私たち (107分)


□■当日、朝、上映開始前に弁当のご注文を承ります。また、各自、防寒具のご用意もお願いいたします。■□

12月9日(月) 山城知佳子公開ワークショップ

広島市立大学講堂小ホール 18:00〜19:30

沖縄を拠点に、沖縄の現在と向き合いながら、また戦争の記憶の継承という課題にも取り組みながら、独特の身体性を感じさせる映像作品を制作し、最近では森美術館で展覧会を開催するなど目覚ましい活躍を続けているアーティスト山城知佳子氏を迎えて、近作をご紹介いただく。

米軍基地敷地内の闇市で肉屋を営む女性を主人公とする《肉屋の女》(2012年)や、サイパン戦の体験者の語りに自分を重ねる《あなたの声は私の喉を通った》(2009年)などの近作を(時間によっては一部抜粋で)上映予定。

●入場無料
    

12月12日(木)近代を問う ~広島で、水俣と原発をみつめて

カフェ・テアトロ・アビエルト 19:00開場/19:30開始

「そして、友人たちが引き受けようとしている困難性のなかにぼくらの困難性もあることが確認されるならば、(中略)、ぼくらが共通の全体世界を獲得したことになるだろう」
(中山幸雄「全体世界の獲得のために」)

私たちが今、直面している事態は、けっしてここ最近始まったものではない。そして、「ヒロシマ」が見据えなければならない問いもけっして核兵器だけに限定されるものではなかったはずだ。水俣、原発、原発労働…。原発労働者を見つめ続けてきた樋口健二の写真展を設営した空間のなかで、水俣~原発を問い続けてきた土本典昭監督の二作を上映。「近代」とは何か、どういうものであり続けているのかを問う。

『水俣病 その20年』(1976年/43分/製作:青林舎/監督:土本典昭/製作:高木隆太郎 /撮影:大津幸四郎/高岩仁 他 /ナレーター:伊藤惣一)

マスコミ報道とは異なるアクチュアルな現場報告/ルポルタージュとしてのニューズリールというべき水俣報告をつくり続けた土本の1976年時点での「まとめ」というべき一作。


『原発切抜帖』(1982年/45分/製作:青林舎/監督:土本典昭/製作:山上徹二郎 /企画:土本典昭 /ナレーター:小沢昭一 /音楽:高橋悠治と水牛楽団 /撮影:渡辺重治)

現場に介入することのできない現場をどのように伝えるか。小沢昭一の語りと高橋悠治の音楽とともに、膨大な新聞切抜をモンタージュ。水俣を伝える映像作家は原発状況をどう見たか。


●トーク:「近代を問う」中山幸雄(アビエルト)+東琢磨(批評家、ヒロシマ平和映画祭)

12月13日(金) 異郷・原発列島

横川シネマ 1)18:30~ 2)20:25~

1)18:30start『生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言』(監督:森崎東/1985年/105分/キノシタ映画作品)

第二回HPFFでも上映した森崎監督の今こそ再び。コザ暴動に原発労働…。原田芳雄さん追悼の意も込めて。


2)20:25start『A2-B-C』(監督&撮影:イアン・トーマス・アッシュ/2013年/71分)

原発事故のあとに、何が起きているのか。グアム国際映画祭グランプリ受賞ドキュメンタリー

*イアン・トーマス・アッシュ監督来場
*1)2)各1000円

12月14日(土) 『X年後』がもたらしたもの

横川シネマ 10:30上映

放射線を浴びたX年後』 2012年/83分 監督:伊東英朗/プロデューサー:大西康司/製作著作:南海放送

南海放送(愛媛県)のテレビドキュメンタリー作品として製作され、2011年の第四回ヒロシマ平和映画祭では前形態の作品を上映、観客に衝撃を与えた作品。それがのちに劇場公開および全国での地道な上映活動が広がっていった『X年後』だ。今、あらためて広島で上映する!

●1000円








県立広島大学サテライトキャンパス 502大講義室16:50‐19:30

トークセッション「『X年後』がもたらしたもの」

『X年後』の伊東英朗監督をお招きして、この作品がもたらしたいくつもの問いを浮かび上がらせるトークセッションをおこなう。ドキュメンタリー、なかでもテレビが制作・放映するドキュメンタリーの可能性と今後、「ヒロシマ」が今、伝えなければならないこととその困難をめぐる対話の場となるだろう。

未公開映像などの参考上映もあり。

[パネリスト]
伊東英朗監督、平尾直政(きのこ会事務局)、藤原大介(RCC中国放送 報道部)、イアン・トーマス・アッシュ監督、高橋博子(広島市立大学広島平和研究所)、青原さとし(ドキュメンタリー映像作家)、東琢磨(批評家、司会)

●無料、参加自由

共催:グローバルヒバクシャ研究会

12月15日(日)異郷・東日本大震災 光と闇

浄土真宗本願寺派 応時山 眞光寺 12:00開場/12:30開演

ファイナルプログラム 異郷・東日本大震災 光と闇

【企画趣旨】
あれから2年半以上。故郷は壊滅してしまったのか、それは異郷でありつづけるのか?東日本大震災で非業の死を遂げた無数の限りないいのち、その記憶。最終日は、ヒロシマのお寺の本堂で、東日本大震災関連3本の記録映画を上映!写真展、トークを併催し、異郷と故郷の限りないいのちの歴史を、全ての参加者それぞれが体感する場としたい。

(1)12:30〜『断章/大槌の風景 Ⅰ自然とともに 』(2013/55分/監督:大久保愉伊/製作:リボルビンランタン)

岩手県大槌町。3.11より過去に何度も大津波の被害を受けてきたこの町で、それでも自然に寄り添い生きようとする町民達の「志」の声と2012年夏の町の風景を、大槌町で生まれ育った監督が記録した。連作「断章/大槌の風景」の第一弾。


(2)13:45〜
東日本大震災 東北朝鮮学校の記録2011.3.15-3.20』(2011/67分/制作:朴思柔&朴敦史~コマプレス)

震災で校舎が全壊した東北朝鮮初中級学校。直後の被害状況と支援活動を記録。東北在日の人たちが、社会的状況のため他の被災地の何倍にも増して襲う震災被害をいかに生き抜いたのか。


After School 東北朝鮮学校の記録 part.2』(2011~2013/70分/制作:朴思柔&朴敦史~コマプレス)

解体されてゆく東北朝鮮学校校舎の記録でもあり、少しずつ取り戻される学校の日常をみつめるための記録。そして、図らずも様々な事情から学校を離れてゆかざるをえなかった教員の方々や、転校していった生徒たちの記録ともなった。


(3)17:00〜『土徳流離~相双地方復興への悲願』撮影経過報告(2012~2013/約60分/監督:青原さとし)

相双地方では、天明の大飢饉以後、越後、越中、因幡、薩摩から1万人以上の真宗門徒を入植させる移民政策と、二宮尊徳の「御仕法」によって荒廃した土地を見事に蘇らせた。相双地方の今昔を縦横無尽に駆け巡る青原ワールド!再来年完成予定作品の現時点経過報告。


(4)18:30〜 総合トークセッション
大久保愉伊×朴思柔&朴敦史×青原さとし×田代一倫×笹岡啓子 他多数、観客参加OK

(5) フェアウェル・パーティ

■田代一倫写真展『はまゆりの頃に 三陸、福島 2011〜2013
12/15、眞光寺本堂にて開催(無料)
写真家、田代一倫さんが、2011年の震災後から、2013年春までの2年間、三陸、福島に通い続け、およそ1000人を超える人々を撮影し続けた。新人写真家にはあまりにも高い山を昇ろうとした、史上類のない写真群の一部を展示。

各回監督トークあり。
(1)〜(3)各回1000円、通し券2500円/(4)無料/(5)実費程度